特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技

東京都現代美術館で開催され役29万人が来場。
美術館の歴代入場者数3位を記録。

「エヴァンゲリオン」シリーズをはじめ、
数々の作品でファンを魅了してきた監督・庵野秀明。

その創作活動の原点であり、多大な影響を与えてきたのが、
幼少期からこよなく愛してきた「特撮」でした。

会場では、数々の映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画など
さまざまな資料 約500点を一堂に集めて展示し、
それらを担ってきた作り手たちの技と魂を伝えます。
そして、日本が世界に誇る映像の「粋」、特撮の魅力を感じることができます。

LECLAIRE MIYAZAWA

Archive

ページの先頭へ戻る