村上隆の五百羅漢図展

国内待望の個展では、絵画史上最大級の全長100メートルに及ぶ「五百羅漢図」が日本で初公開されています。

村上隆は国際的に最も高い評価を得ている現代美術作家の1人です。
ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した回顧展をはじめ、ヴェルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場などさまざまな場所で大型インスタレーションを発表しました。
その圧倒的なスケール感と完成度の高さにより世界中の人々を驚嘆させてきました。

今回の個展も現代美術史への新たな挑戦となる新作の数々でした。

Y.Furihata

Archive

ページの先頭へ戻る