SEND beauty culture

セミナーで大阪に行ってきました。会場の大阪中央公会堂、歴史を感じるモダンな建築で、インテンスさんのセンスの良さが伝わってきました。内容もとても良く,タイプの違う4ショップのコンセプト、今後の方針がお聞きでき有意義な時間を過ごさせていただきました。また、みなさん多忙にもかかわらず、開場前に楽屋でお話をさせていただける時間をとってもらいありがとうございました。半年ぶりに会ったGARDENの森内さんは、とてもテンションが高く、ポジティブで銀座のサロンも、とても順調のようです。創りこみすぎないナチュラルなスタイルに移行していく方向性が感じられました。モテ髪の時代がそろそろ成熟期に入り、次のトレンドが創られている様子がうかがえました。Side Burnの太地さんの存在感は、特別でした。周りの美容師さんとは違うオーラが出ていました。「情報誌とファッション誌の違いは?」という質問に対しての解答、すばらしかったです。今、サロンに置かれている雑誌のほとんどが情報誌だそうです。売る為、売れる物をメインに載せている情報誌に対して、これからのトレンドや、独自性、デザインを載せているファション誌。僕らのサロンも、今の時代に流されてしまい、大切にしなければいけないファション誌の部分を少し忘れてしまっているのではと、考えさせられました。関西の美容師さん達も、とても熱心で、美容の仕事は常に勉強だと、初心に帰ることができた1日でした。

[上原]

Archive

ページの先頭へ戻る