Imagination

想像力 』とは、現実には存在していない出来事や物事を頭の中に思い描く力のことです。

未来に何が起きるのかを想像する力は、リスク管理を含めビジネスの多くの場面で必要とされると思います。

 

今回はビジネスにおける想像力の必要性について語ります。

 

0599343C-13A5-480A-84DC-E8521A953331

 

想像力を高めることで得られる仕事上のメリットはいろいろあると思いますが、

 

① 顧客に対する意識が高まる

② 効率的に仕事ができる

③ 新しい企画を立案しやすくなる

 

などが挙げられます。

 

想像力がなくてもあまり影響はないと考える人もいると思いますが、想像力の有無によって仕事で差がつけられていることは案外多いのではないかと自分は考えます。

美容業界においても想像力は必要不可欠であり、デザイン、サービスにおいても個々が持つ想像力で良し悪しが左右される事もあると思います。

 

 

ここで想像力を鍛えるためのいくつかの方法を挙げさせて頂きます。

 

① 本(小説)を読む

② 計画を立てる(ライフプラン・ビジネスプラン)

③ 次の展開を予測する(ドラマ・映画)

④ 連想ゲームをする

⑤ いろんな事に興味をもつ

 

などこの他にも様々あると思います。

 

この中のについてですが、多くの経験がある人ほど蓄積されている記憶や情報量が多く、想像力が働きやすい傾向にあると思います。

よって、想像力のもととなる記憶の情報量を増やすためにも、日頃からどんな事でも興味を持ち記憶に留めるようにする習慣は大切だと思います。

 

 

 

B5A1FDC4-B980-4221-8800-AF24D862CA3E

 

 

想像力は生まれながらに備わっているものではなく日々の生活の中で鍛えられていく能力です。

生活習慣を少し変え、想像力をより鍛えることでビジネスやプライベートにおいても沢山のメリットが生まれると思います。

 

 

 

 

 

Furihata

 

 

 

 

 

 

Archive

ページの先頭へ戻る